お金の勉強

【老後資金】夫婦で必要額はいくら?計算方法と貯め方

お立ち寄りありがとうございます。
Nagomy(なごみー @nagomy39)です!

Nagomy
Nagomy
「人生100年時代」「老後資金2,000万円不足問題」ってよく聞くけど、
私たちって本当に年金もらえないの?
だったら、今払っている年金って意味ないの?
結局いくら足りなくて、いつまでにいくら貯めておく必要があるの?
わからないことだらけで、結局何もできないでいる… 

2,000万円もいらないって人もいれば、1億円必要!なんて人もいて、
どれが正しいのかわからなくなってきちゃいますよね…

わたしもつい最近までそう感じていて、
ただ漠然と「1人2,000万円、夫婦で4,000万円貯めなくちゃ」と感じていました。

今回は、そんな「年金よくわからない」状態から、
明確な金額を出す手順、
準備する方法をご紹介します。

正しく知れば、それほど複雑ではない年金。
若いうちからしっかりと学んで、備えていきましょう!

 

まずは、おさらい!年金制度

年金は、3階建て

年金は、よく「3階建て」に例えられていますが、まさにそんな感じ。

  1. 階:国民年金…20歳以上60歳未満の国民が全員加入するもの。自営業者、専業主婦、会社員みんな加入しています。
  2. 階:厚生年金…会社員や公務員は厚生年金にも加入しています(原則)。
  3. 階:私的年金…年金基金や企業年金、確定拠出型年金(iDeCo)など、個人や企業が任意で入る「上乗せ」の年金のこと。

 

受給開始時期は、自分で決められる

原則65歳から受給できますが、
60歳からに繰り上げることも、
最大70歳からに繰り下げることも可能です。

【年金の繰り下げ受給制度】
原則65歳からの受給開始ですが、繰り下げることで年金額を増やせる仕組み。
1か月ごとに+0.7%、最大42%も受給額が増えるのです!
増額は一生涯続くので、70歳から受給した人は、死ぬまで+42%の額がもらえます。

 

結局自分は、いくらもらえるの?試算方法と手順

もらえる年金額は、

  • 働いた期間
  • 収入
  • 働き方
  • 免除の期間
  • 加入期間

によって一人一人違います

現時点での見込み額を知る方法は、毎年誕生日に届く「ねんきん定期便」をチェックすると◎

ちなみに、35歳時点での私の受給見込み額は…

 

年21万9,100円とな。月18,258円。
どうやって生活せいっちゅーねーん( ̄▽ ̄;)

まぁ、あくまで現時点での見込み額なのであまり参考にはなりませんね。
50歳以降になると、ほぼ正確な金額がわかるそうですよ!

【手順1】自分の現在の加入状況や働き方、将来の働き方を仮定して、もらえる平均額を把握する

Nagomy
Nagomy
自分の加入状況や今までの働き方、今後予想される働き方を仮定して、平均額で試算すると良いですよ!

【公的年金受給の平均額】

  • 国民年金のみに加入していた場合…約5万円/月
  • 国民年金+厚生年金に加入していた場合…約14万円/月

【手順2】将来の生活費を仮定する

Nagomy
Nagomy
いくらもらえるかのおおよそは分かったけど、結局月いくらあれば生活できるのかがわからないと、不足額もわからなくない?

【夫婦2人で】

  • 最低限の生活で大丈夫…約22万円/月
  • ゆとりある生活をしたい…約36万円/月

必要だとされています。

【手順3】いつから受給して、いつまで生きるのか。を想定する

我が家の場合、

  • いつまで生きるか:
    我が家は夫婦揃ってたばこは吸わない、お酒も飲まない
    =かなり健康体なので、長生きしそう
    100歳まで生きると仮定
  • いつから受給するか:
    夫婦揃って自営業になる可能性が高いので、長く働くと仮定
    Maxの70歳から受給開始

【手順4】総額でいくら足りなくなるのかがわかる!

Nagomy
Nagomy
2人で4,000万円でも足りないじゃんかよーっ!!!

そうなんです。
このまま行くと、我が家はさらに+約1,000万円足りないことが判明Σ(゚Д゚)

どうやって備える?いつから貯め始める?

我が家の今後の長期貯金プラン

とは言え、我が家はまず先に子供たち3人分の「教育資金」の準備が必要です。

同時に貯めて行く案もありますが、
私はわかりやすい方が好きなので、

  1. まずは3人分の教育資金=1,500万円を貯め切る。
  2. その後iDeCoなども使って老後資金に取り掛かる。

という順番で準備して行きます。

教育資金と老後資金の備えに、つみたてNISAやiDeCoが必要不可欠!

Nagomy
Nagomy
10年以上先のための貯金は、投資も含めるのが今や常識の時代!
つみたてNISAやiDeCoは税金面での優遇もあるから絶対活用すべきだよ!

銀行の預貯金で利息がもらえるのは、もはやひと昔前のお話。
今後は一個人の預金口座に対して「マイナス金利」が導入されるかも…なんて話もチラホラ聞きます。

それなら、リスクの低めな投資信託などを活用して、「お金に働いてもらう」方がただ預けておくよりもよっぽど無駄がないな、と個人的には思います。

【つみたてNISAにおすすめ】セゾン投信

我が家は、セゾン投信のつみたてNISAで教育資金を、児童手当を使って貯めています。

【リスク許容度が高いなら】WealthNavi(ウェルスナビ)

ロボアドバイザーで有名なWealthNavi(ウェルスナビ)

リスク許容度に応じて投資プランを考えてくれる、投資先もリバランスも全てしてくれます。
つみたてNISAやiDeCoには対応していませんが、投資の基本【長期・積立・分散】投資ができます。

  • 初期投資額が10万円から
  • 積立金は1万円から

金額の面から見ると投資のハードルは少し高いかもしれませんが、
・リスク許容度5(一番高い)
・20万円を1年間だけ預けてみた
結果、22万円(=+2万円)となりました。

利回り10%というかなり嬉しい結果に♡

特別給付金の使い道が特にない場合は、WealthNaviに預けて経済を応援!
という手もアリかと。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nagomy 年間100万円貯金(@nagomy39)がシェアした投稿 -

【iDeCoにおすすめ】楽天証券

楽天証券なら、つみたてNISAもiDeCoもロボアドバイザーもできます。
我が家はiDeCoはしていませんが、貯まった楽天ポイントはコツコツとポイント投資に回しています。

正しく知って、正しく備えよう

ただ漠然と「足りないかも」「老後資金貯めなくちゃ」と思っているときより、
こうして受給見込み額や不足額、受給する期間を明確にしてからだと不安な気持ちも落ち着いてきませんか?

時間を味方につけて、コツコツと備えていけば大丈夫!

Instagramでは、節約情報や家計管理のコツなどを発信しています。
貯金に疲れたり、散財したくなった時のモチベーションアップにもなると思うので、ぜひのぞいてみてください^^