家計管理

【年100万円貯金】袋分け家計管理、お給料の仕分け方の工夫とコツ。

お立ち寄りありがとうございます。
Nagomy(なごみー @nagomy39)です!

Nagomy
Nagomy
私の家計管理法は、袋分けです 

目に見える形で予算を確認できるので、浪費家の私にはこれが一番合っていました。

この記事では、私が実際に行っている袋分け管理の仕方と、お給料の仕分け方を書いています。

  • 袋分け管理の仕方がわからない!
  • どういう袋分けが自分に合っているのか、他の人のやり方が知りたい!
  • なぜ袋分けをする人が多いのか理由が知りたい!

そんな声にお応えします。

Nagomy流、お給料の仕分け方

  1. やりくり費袋
  2. 支払い用袋2つ
  3. 貯金用袋
  4. 特別費用袋
  5. こども費袋
  6. 夫ガソリン袋
  7. 夫おこづかい袋

の8つの袋で管理しています。

①やりくり費袋

我が家の1か月のやりくり費は、毎月6万円です。
食費、日用品費、ガソリン代、レジャー・外食費、医療費、おむつ代など全てコミコミで6万円です。

お給料日になったら、この袋の中に6万円を入れます。

項目ごとの袋分け、週ごとの袋分け、と経て今は月予算の管理になりました。

項目ごとの袋分けを辞めたわけ

袋間貸し借りによるお金の移動が面倒でした。

スーパーで食材と一緒にサランラップを購入したときなど、一旦食費から借りて支払いを済ませ、帰宅してから日用品費袋から食費袋に返す・・・というとんでもなく面倒くさいことをしていたため、逆にストレスに感じてしまいました。

週ごとの袋分けをやめたわけ

項目ごとの袋分けから、1週間1万円やりくりになってからは結構うまく行きました。
1週間1万円の予算内に収まれば、何に使ってもOKのざっくりルールです。

ところが、食費に大体5,000円は必ず使うため、他で使えるのは5,000円のみ。
ここにガソリン代と医療費がダブルでかかってきてしまうとあっという間に予算オーバーしてしまうし、
1か月分の日用品(おむつや粉ミルク込み)を月初めにまとめ買いしたら、1週間1万円では食費にかけられるお金はわずかしかありません。

さらに、子供たちが幼稚園に入園し、特別費に組み込んでいない集金があるなど、1週間1万円におさめるのが難しくなったため、1週間1万円やりくりはやめました。

固定予算制の月6万円やりくりにしてから

週ごとの袋分けはやめましたが、予算オーバーしないために項目ごとの目安予算は設けています。

  • 食費3万円
  • 日用品費 1万円
  • ガソリン代 5,000円
  • レジャー・外食費 7,500円
  • その他(医療費や幼稚園の集金など)7,500円

固定予算制なので、残業代などでお給料が増えた月は、自然と増えた分を貯金に回せますし、
毎月6万円の身体(笑)になっているので、無理もなければそれ以上使うこともありません。

②支払い用袋2つ

我が家のメイン口座は、楽天銀行にしているのですが、ネット銀行を支払い口座に指定できない会社もあるため、サブの支払い用口座としてゆうちょ銀行も持っています。

お給料を下ろして来たら、水道光熱費、スマホ料金、保険料などをそれぞれの支払い用袋に仕分けます。

ネットで買い物してクレジットカード払いをしたら、使った分はすぐに支払い用袋に入れています。
少々面倒くさくもありますが、浪費家がクレジットカード払いをするなら、この単純でシンプルなひと手間が一番でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nagomy 年間100万円貯金(@nagomy39)がシェアした投稿 -

③貯金用袋

現在、貯蓄用口座として住信SBIネット銀行を愛用しています。

選んだ理由としては、「目的別貯金」と言って、1つの口座で目的別に最大5つまで貯金箱を作ることができるからです。

以前は目的別にいくつもの銀行に分けて、お給料日には銀行のはしごをしていました。

今は住信SBIネット銀行に入金後、インターネット上で目的別に貯金箱に仕分けることができるのでとても楽です。

現在の私の目的別貯金箱は、純貯蓄と旅行用に分けています。

④特別費袋

特別費は手元で現金管理にしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nagomy 年間100万円貯金(@nagomy39)がシェアした投稿 -

特別費はその年に使い道が決まっているお金なので、口座に入れてしまうといざ支払いのときに困ってしまいます(現金支払いのものもあるので)。

手元に残しておいても、うっかり使ってしまうことがないよう、年間特別費予算表を見て確認することも忘れずに。

⑤こども費袋

幼稚園の給食費など、現金で集金されるもの用です。

保育料は口座引き落としなので、銀行口座に入れています。

⑥夫ガソリン代袋

現在、社用車で自動車通勤の夫。
ガソリンはクレジットカード支払いにしてもらっているので、給油したらレシートを必ず渡してもらうようにしています。
レシートを渡されたら、夫ガソリン袋から支払い用袋へ現金を移すだけです。

⑦夫おこづかい袋

夫のおこづかいは、週3,000円ずつ渡しています。
「一度に渡すと使いすぎてしまう」と言われてから毎週やりくり始まりの曜日に渡しています。

お給料日の流れ

1.夫のお給料が振り込まれる口座から、全額引き出します。
※この時、なるべく1000円札でおろすと仕分けも管理もしやすいです。

2.それぞれの袋に仕分けます。

3.支払い用と貯金用の袋を持って銀行へ→入金

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nagomy 年間100万円貯金(@nagomy39)がシェアした投稿 -

お金をATMで千円札で引き出す方法

(欲しい千円札の枚数)+「千円」とボタンを押す

各銀行によりますが、ゆうちょ銀行はこの方法が有効です。

たとえば、2万円を千円札でおろしたい時。

数字の【20】を押したあとに、【千円】のボタンを押すことで、千円札20枚で引き出すことができます。

最大100枚までOK=10万円まではATMで全て1000円札で下ろせるそうですよ^^v

りそな銀行なら、キャッシュカードがあれば両替機を利用できます

1日1回のみ、最大50枚まで手数料無料で両替することができます。

あえて10万円を両替機に投入。
手数料無料でできる50枚まで(5万円分)を千円札に両替。
両替ボタンを押す。

すると、両替できなかった残りの5万円はすべて5千円札で出てきます!

本当は全て千円札にできると嬉しいのですがね^^;
それでも、万札を持っているよりは5千円札に崩れている方が仕分けがしやすいので、
りそな銀行に口座を持っている方はぜひ♡

袋分け家計管理のメリットと貯まる理由

使えるお金があといくらかが目に見えてわかるので、「これ以上は使えない」とすぐに把握できるからだと考えられます。

人間というのは、記憶だけや書面上だけだとどうしても曖昧になりがちです。

ないと思っていたケチャップを買って帰ってきたら、先週既に買っていた、なんてダブり買いがいい例だと思います。

ケチャップなら食べてしまうことができますが、
支払わなければならないものを忘れて、好きなモノを買うのにお金を使ってしまった時は大変です。

貯金を崩すか、その貯金さえできていなければどこからか借金をしなければなりません。

そういったことを防ぐ意味でも、視覚的に管理できる、わかりやすい袋分け家計管理に人気が出たのではないでしょうか。

たとえクレジットカード支払い中心だとしても、使った分はそのまま支払い用袋に移すことで現金払い感覚で管理できます。

Nagomy
Nagomy
わかりやすいので、私は袋分けが一番おすすめ!家計管理法に悩む方は、ぜひ1度お試しあれ♡