貯まる家計へのステップ

貯まる家計になるたった4つのステップ~4.予算を守る~

お立ち寄りありがとうございます。
Nagomy(なごみー @nagomy)です!

貯まる家計へのステップも最後の4段階目。
しっかりと地に足をつけて、焦らず少しずつ家計改善していきましょう!

貯まる家計へのステップ4~予算を守る~

手取り予算から先取り貯蓄(特別出費用積み立て、純貯蓄)と毎月必ずかかるお金(固定費)を引いた額がその月に使えるお金です。

今回も我が家を例に見ていきましょう。

手取り359,431円(年末調整還付金分いつもより多めでした♪)

’20/01分
家賃 88,910円
貯蓄 30,000円
特別出費用積み立て 32,000円
水道光熱費 20,184円
通信費 8,590円
保険 8,873円
こづかい 17,000円
こども費 60,000円
夫交通費 12,000円

合計 277,715円

自由に使えるお金 81,716円

この月は月81,716円の予算内で生活するということですね。

予算は絶対死守

あとはこの予算を死守して生活するだけです!

時々残業代が入ったり、ボーナスがない代わりに寸志をいただいたりもしますが、我が家はこの月6万円を固定予算にしています。

固定予算制にしておけば、残業代などで月収が増えた月はその分多く貯金に回せます。
毎月の予算設定に四苦八苦する必要もありません。

予算を守る方法

ここまで決まって、初めて【節約テクニック】に手を出せる段階まできました。

予算を守るための節約テクニックや方法はいくらでもあります。

私が実施しているいくつかの予算を守る方法は、

  1. お肉は100グラム100円以下のものしか買わない
  2. 食品は週1回、予算(めやす)5,000円でまとめ買い
  3. 日用品は月1回まとめ買い(ウェル活を活用する)
  4. 下味冷凍をする
  5. 週末は冷蔵庫空っぽデーにする
  6. ポイ活をする

 

まとめ
  1. 月収から先取り貯蓄額と固定費を引いた額を割り出す
  2. 割り出した額内で1か月生活する
  3. 月予算は絶対死守